腰痛・肩こり(腰部脊柱管狭窄症、腰椎・頸椎椎間板ヘルニア、変形性脊椎症)

腰痛、肩こりは病気やケガ、全てを合わせた自覚症状の中でも1位と2位で大変多い症状です。
漫然と治療を続けているものの改善の見られない方、定期的に症状を繰り返す方は、一度受診されることをお勧めいたします。
どのような原因があるのか必要な診察と検査を行い、その患者様に合った最適な治療方針をお伝えいたします。
投薬、リハビリの他に当院では各種ブロック治療、点滴治療、トリガーポイント注射も行う事が出来ます。
※そのほか、肩こり・腰痛ボトックス、鍼灸などは自費となります。自費のコーナーを参照してください。

外傷、骨折、捻挫、脱臼

骨折、打撲、捻挫、肉離れ、脱臼、傷、やけど、虫刺され、その他の外科的外傷、処置全般を致します。傷の縫合、小手術も行います。

骨粗鬆症

50歳代女性の20%、60歳代で50%、70歳代では70%の方が骨粗鬆症と診断されています。
骨粗鬆症の患者様は1200万人以上いると言われていますが実際に治療されている方は200万人程しかいません。
高齢者の寝たきりの原因の2番目が骨粗鬆症による骨折によるものです。骨量が急速に減少する前に治療を開始するのが効果的と言われています。
最近の薬は骨折の危険性を半分以下にする効果があります。
当院の骨密度測定器は30秒程で終わり、痛みもなく結果もすぐにお知らせいたします。
費用も1割負担の方で140円ですので、骨密度だけでも一度調べてみてはいかがでしょうか。

ヒアルロン酸注射(変形膝関節症、肩関節周囲炎、四十肩・五十肩)

ヒアルロン酸はグルコサミンとグルクロン酸から構成される二糖類で、関節において潤滑剤の働きをし、コラーゲンを守る役割もしています。
しかしヒアルロン酸は年齢と共に減少し、0歳時を100とすると40歳で半分、60歳で4分の1になってしまいます。
膝や肩では保険が認められていて1回数百円で行えます。
関節内に注射する事により、軟骨を保護し、また、炎症を抑える作用もあるため痛みも軽減します。
99.9%以上の人にアレルギーも無く行え、非常に副作用の少ない治療です。